ときどき本気でウクレレ

ウクレレを始めたのは2000年の夏でした。
2006年秋からウクレレ教室の講師を務めています。
HELLO! UKULELE

JUGEMテーマ:楽器

 

なにわの光速ウクレレ少年
近藤利樹、小学5年生です! ! 

 

 HELLO! UKULELE / 近藤利樹


<収録曲>
1.パンツミー
2.歩いて帰ろう
3.少年時代
4.天国と地獄
5.UKULELE SMILE
6.コーヒールンバ
 

20:23 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
寒い冬だからこそ聴きたい音楽

海カフェ・ラブ~ウクレレ・ハワイ - Life Style Music

18:46 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウクレレスイングトリオのニューアルバム
JUGEMテーマ:楽器

 
Ukulele Swing Trio / My Favorite Things

ウクレレによるジャズ、ボサノバの曲を中心に演奏するウクレレスイングトリオの第2弾アルバム。

「ジ・ウクレレコンテスト」のファイナリストであるスインギー坂野が2012年に結成。
22:37 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
アロハなクリスマス!!
JUGEMテーマ:楽器

熱い注目を浴びる新世代のウクレレ・プレイヤー、名渡山遼さんのクリスマス・アルバムがリリースされます。

J-POPから洋楽スタンダードまで、思わずホッコリするカヴァーを満載!!

 UKULELE Merry Christmas!
19:12 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
オータサン……ファン待望のウクレレ完全ソロ作品
JUGEMテーマ:楽器

ウクレレ1本だけで演奏する完全ソロ作品としては、2005年の『ハワイアン・タイム〜ウクレレ・ソロ』以来10年ぶりのレコーディング作品。

ファン待望のウクレレ完全ソロ作品です。

 
20:35 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウクレレはこんな風に弾きたい!
JUGEMテーマ:楽器

ロイ・スメック (Roy Smeck 1900-1994) のアルバム『ザ・マジック・ウクレレ・オブ・ロイ・スメック(紙ジャケット仕様)』を聴いています。

マルチ弦楽器奏者で”Wizard of the Strings(弦楽器の魔術師)”と呼ばれていたロイ・スメックですが、やっぱりウクレレが最高ですねヽ(^。^)ノ

 
17:29 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウクレレ・クラブ・ドゥ・パリ……が……面白い!
JUGEMテーマ:楽器

(↓)今月リリースされたばかりのアルバムです !(^^)!

  マヌイア!/ウクレレ・クラブ・ドゥ・パリ

2002年にUniversal Franceから発売されて、カルト的人気を呼んだアルバムが遂に復刻。

ギタリストのドミニク・クラヴィックを中心に、奇才、変人、オタクなウクレレリストたちが集まった、ウクレレ・クラブ・ドゥ・パリ。

ウクレレを駆使して繰り広げる、エキゾでオシャレなマジカル・トリップ・ワールドを奏でる1枚。

ジャケットもいい味出してますね〜〜〜

廉価盤で、数量限定!

要チェックですぞ!
20:20 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウクレレでクラシックの……
Classical Ukulele Masterpieces

……名曲の数々を演奏したアルバムです。

クラシックのおなじみの旋律とウクレレのやさしい音色がストレスで荒んだ(笑)ココロを癒してくれそうです。

Amazonで試聴できますよ〜〜〜
13:35 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウクレレとケルト音楽の邂逅
annie laurie~ukulele meets celtic scotish irish and more

去年の6月にリリースされていたアルバムです。

これを聴くと……ウクレレでアイルランドやスコットランドの音楽を演奏したくなりますよ〜〜〜

ウクレレ界の奇才、松本ノボル率いるalternative bloodsデビュー! アイルランドの国民的作曲家タローオ・キャロランの作品や、誰もが一度は耳にしたアニーローリーやダニーボーイなど、全13曲収録。ウクレレとアイリッシュハープやティホイッスルなどの民族楽器が織りなすアンサンブルが心地よく、ウクレレファンのみならず、ケルトファンも必聴の作品。
22:45 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |
ウクレレ・YMOとその周辺
 

ウクレレ・YMOとその周辺 は、文字通り、YMOとそのメンバーが係った楽曲を、ウクレレをフィーチャーした演奏で楽しませてくれるアルバムです。

個人的には、マカロニ・ウエスタン風の「ライディーン」(ウクレレカフェカルテット)、奇をてらったアレンジではなく楽曲の魅力をストレートに聴かせてくれる「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス」(はじめにきよし)が気に入りました。

ウクレレのカヴァー・アルバムということで、"ゆるさ"や"脱力"を強調した惹句が目立ちますが、演奏そのものは、一部を除いて、とてもタイトだと感じました。
17:50 | C D | comments(0) | trackbacks(0)| - |