ときどき本気でウクレレ

ウクレレを始めたのは2000年の夏でした。
2006年秋からウクレレ教室の講師を務めています。
<< ウクレレケース…新製品でしょうか? | TOP | ウクレレデュオ U900 >>
ヘッドウェイの弦を張り替える
多くの皆様からコメントをいただいた(↓)Headwayウクレレの弦を張り替えてみました。

http://ukulele-bicha.jugem.jp/?eid=249

ちなみに、ワタクシが所有しているウクレレはHEADWAY HUS-100KR (コリーナ) です。

今回張ったのはORCAS OS-MED、オルカスのフロロカーボン(ブラック)です。

ワースのフロロカーボン(クリア)に比べると、音の輪郭がくっきりと浮き出てきたような気がします。サウンドのキャラクターがかなり明るくなりました。音の抜けも改善されたように思えます。

ただオルカスの弦は細いので、ブリッジ側の弦止め処理をしっかりしないといけないようです。特に1弦は外れやすいですね。これは要注意です。
14:20 | GOODS | comments(2) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
14:20 | - | - | -| - |
コメント
シャラーンっていう感じでしょうか。
我がHEADWAY HUS-100RS(ローズウッド)は、GHSの黒弦で地味に落ち着いています。コ〜ン、カーンっていう音は、ローズウッドならではなのか、特徴的ではないかと、まずまず納得しているところです。
2010/12/21 5:05 AM by さーたん
"さーたん"さん、コメントありがとうございます。

シャラーンというほどクリアではありませんが、ジャラーンといった感じです。

オール・ローズウッドのウクレレは弾いたことがないのですが…コ〜ン、カーン…ですか…なかなか魅力的ですね〜。
2010/12/21 4:54 PM by bicha
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ukulele-bicha.jugem.jp/trackback/259
トラックバック