ときどき本気でウクレレ

ウクレレを始めたのは2000年の夏でした。
2006年秋からウクレレ教室の講師を務めています。
<< シモレレ | TOP | "バルバロッサ"というシールド >>
headway カスタムショップ製のウクレレ

headwayのカスタムショップ製のウクレレが発売されました。

マスタービルダーの百瀬さんが直接手がけるカスタムショップ製ですから興味津々です。

ルーツを重んじながらも、“楽器としての精度”にも徹底的に拘ったハイクオリティウクレレ……なんだそうです。

ボディ材はコア、ホンジュラス・マホガニー、そしてシカモアの3種類がラインナップされています。

見た目で選ぶとすると、ワタクシなら、シカモアですね。色の白いのは七難隠す……であります。

PEGHEADS社製のペグを使用しているのも魅力です。


16:17 | 楽 器 | comments(2) | trackbacks(0)| - |
スポンサーサイト
16:17 | - | - | -| - |
コメント
HEADWAYの製品は大好きです。
本来はギターを弾く方がウェイトが大きいので
HEADWAYのアコースティックギターは
4本有りますが、例えばギブソンをモチーフにしたギターでも
本家よりかなり品質が良いですね。
百瀬さんの手がけたギターの質感は申し分ないです。
大抵は丈夫で使用していくにつれて鳴る様に作っています。
木ですので買ったその時から万全の音が出るわけでは
無いのですが、最近のモノは新品時でも
そこそこ鳴る様に設計を変えて来ているみたいです。
HEADWAYのウクレレもスタンダードな物は
カタログには未だ載っていますが、殆ど作られずに
カスタムメイドのみに移行していくのでは無いのかな?
と思います。
ですのでスタンダードな製品は、
在庫処分で非常にお安く設定されているようですね。
2011/05/14 9:45 AM by haru
haruさん、コメントありがとうございます。

私も1980年頃のヘッドウェイのアコギを所有していたのですが、大分前に売ってしまいました。もったいないことをしたな〜と後悔しております。
2011/05/15 10:54 AM by bicha
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://ukulele-bicha.jugem.jp/trackback/278
トラックバック